スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
明日は90cmリニューアル
- 2007/07/07(Sat) -
ryu1.jpg

これ、前に掲載したアク抜き中の流木。
ダメだ。軽く腐ってるぽい。
ちょっと触っただけで手が真っ黒。
ブヨついてはいないけど使うのには気が引ける。
これは諦めよう。
放置期間が長すぎた。

という訳で流木購入。
ADAオールドブラックウッド+他1
こんな感じで使う予定。
ryu2.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 90*45*45 その1 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
90cmセット当時&ちょい前
- 2007/07/06(Fri) -
90izen1.jpg

セットしたばかりの頃の90cmです。
魚メインなんで当初はメンテ性を優先し、下草を植える予定は無く流木だけでいく予定でした。
ミクロの葉は殆ど落としたので育ち方を見ながらレイアウトを作っていこうと思っていたので流木の配置は適当。
濾過システムも今と違います。




セット半年後。この頃、濾過やco2システムの仕様を一部変更。
90izen2.jpg


90izen3.jpg

ミクロソリウムspスモールリーフも順調に成長しました。
適当と言いつつちょっとお気に入り。レイアウトはセット時からほぼ変更無し。
ん?セット時の構想はどこへいった?
砂利を増やし下草(コブラグラスspショートリーフ)まで植えはじめました。

一見ソイルに見えそうな底床、これ砂利(ニッソーブラックサンド)です。
長期維持を目標にしていたのでソイルは使いません。というか長期間使いこなす技量がありません。

左側の流木は背面側にも十分なスペースがあってレッドライントーピードの遊泳コースになっていました。
右側のスペースで3匹がウニウニたまった後にリーダー?が急に泳ぎ出し、みんな揃って左の流木を
グルッと回ってまた右側でウニウニの繰り返し。
見ていて楽しかった。
でも90cm水槽ではまだ狭い。
8もしくは0の字を書けるようなスペースをとればずっと泳ぎ続けるのかな?

この後、先日掲載した現在のレイアウトに変更しました。




セット前の大事件
幾つかの水槽を90cmに纏める為、全ての魚をトリメン用の水槽に入れたのですが翌朝までにほぼ全滅。
水面に白い膜というか薄皮が張っていました。そして白くボロボロになって死んでる魚多数・・
水槽はテトラの51cm濾過機は飼育水槽で暫く回していた外掛け式。
エアレはしなかったので水量を少なめにして外掛けの排水で波立たせてエア供給していました。
当時は珍カラを集めていたので金銭的損失も大きかったですが希少種もソコソコいたのでかなりへこみました。
未だにアレが何だったのか分かりません。
まだまだ勉強が必要です。



この記事のURL | 90*45*45 その1 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
90cmリニューアルに向けて
- 2007/06/30(Sat) -
ワクワクするタイトルですがやる事はレイアウトの小変更です。
・オーストラリアンクローバー撤去
・水槽右側の流木変更
たったこれだけの事ですが普段、水槽に手を入れない俺からするとちょっとしたイベントです。

で、オーストラリアンクローバーの代わりを購入。

cr.jpg


クリプトコリネ ネビリィ (アクアフローラ)
取敢えずサブ水槽でストック。


で、
bio6281.jpg

作業は流木待ち。
水に漬け始めて3週間目。アクの抜けが止まらず1週間前からは重曹を併用。
この流木、10年以上前に買って当時維持していた120cmで使用、その後数年間は
庭のオブジェと化していたもの。
店をまわって良さそうな流木を探してみたもののイメージに合う物が見つからず急遽登場。
昔はゴツゴツした手触りだったけど長い年月風雨に晒され今では丸くなった感じ。
というか色んな意味で大丈夫なのかな?コレ。

この記事のURL | 90*45*45 その1 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
90水槽
- 2007/06/18(Mon) -
90-1.jpg


アクア日記らしく水槽が登場しました。
現在メインで維持している90*45*45です。
わざわざデジ一眼借りてがんばって撮影したのですが綺麗に撮れません。
当たり前の事ですが
全体を明るく写そうとシャッタースピードを遅くすると魚がボケる。
魚をくっきり写そうとシャッタースピードを早くすると全体が暗い。
数値のバランスが上手くとれません。要勉強です。
おまけに数値が一緒でも角度?によって全体の色合いがガラリと変わります。
カメラの持ち主が言うには水槽の光量不足してる上に動きの早い魚が
いる時点で無理だろ。との事。


90-2.jpg

90-3.jpg


レッドライントーピードバルブをメインで泳がす為に立ち上げた水槽なんで
こんな事を念頭に作りました。
・魚ありきのレイアウト(水景としての構図の概念無し)
・立体的な遊泳スペースの確保
・長期維持が出来てお手入れ簡単

詳細はまた今度
この記事のURL | 90*45*45 その1 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。